人の一生は重荷を負て遠き道をゆくが如し
いそぐべからず、不自由を常と思へば不足なく
心に望おこらば困窮したる時を思ひ出すべし、
堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思へ
勝事ばかり知って、まくる事をしらざれば害其身に至る、
おのれを責て人をせむるな、及ばざるは過ぎたるよりまされり。
(徳川家康公御遺訓)

大祓式・茅の輪くぐり神事

令和6年6月30日 午後3時斎行

(どなたでも参列いただけます。)

 

大祓式(おおはらえしき)は6月と12月に行われる、半年の間に自身についた罪穢れを祓い清める儀式で、古来より宮中で行われてきた行事であり、現在では各地の神社で斎行されています。また、6月の大祓式では茅の輪くぐりも行います。青々とした茅の葉で作った輪を身に付けて邪気を祓い疫病を免れたという言い伝えも残っています。

この大祓式に参列され、新たな気持ちで清々しく明日からの生活をお迎えください。

御参列いただいた方には茅の輪のお守りを差し上げます。お気持ちの初穂料をお納め下さい。


※当日は熱中症に充分にご注意下さい。式中に帽子や日傘をお使いいただいて構いませ  
 ん。
 発熱のある方、体調の優れない方は御参列をお控え下さい。
 当日参列できない方には事前に人形をお渡ししますので社務所へお申し出下さい。
 ペットと一緒に参列できます。

茅の輪は6月末~7月7日の間設置しています。

月次祭のご案内

毎月1日9時と10時に月次祭を斎行しております(1月は除く)。
天皇皇室の御安泰、国家国民の御安寧をお祈りするお祭りでございます。
どなたでも参列できますのでぜひお越しください。
9時と10時どちらかご都合の良いお時間にお越しください。
所要時間は20分程度でございます。

八幡橋の八幡様

八幡橋八幡神社(やはたばし はちまんじんじゃ)は、創建以来1500年余りに及ぶ歴史を刻む神社です。
国道16号線沿い、八幡橋そばに鎮座しています。境内の記念碑の丸い球が目印です。
祭神は誉田別命(応神天皇)をお祀りしています。

各種祈願(初宮・車のお祓い・厄除等)や出張祭典(地鎮祭等)を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
お寺の検索・口コミ
トップにもどる