人の一生は重荷を負て遠き道をゆくが如し
いそぐべからず、不自由を常と思へば不足なく
心に望おこらば困窮したる時を思ひ出すべし、
堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思へ
勝事ばかり知って、まくる事をしらざれば害其身に至る、
おのれを責て人をせむるな、及ばざるは過ぎたるよりまされり。
(徳川家康公御遺訓)

新着情報

2017.11.18
横濱開港神社巡りが始まりました。
2017.06.10
ホームページが公開されました。

例大祭について

例大祭は毎年8月第1土・日曜日に行われます。

平成30年は8月4日(土)、8月5日(日)です。

土曜日は11時に祭典が斎行されます。
日曜日は8時30分より神輿の渡御が行われます。
また、両日とも夜は納涼踊り、露店、くじ引き大会等が行われます。

御本殿改修工事について

※工事中は参拝できますが、祈祷の申し込みは受けられません。

磯子区原町八幡橋際鎮座 八幡神社は、第29代 欽明天皇12年(西暦551年)以前の創建と言い伝えられ、誉田別命を主祭神、大山祇命、須佐之男命、徳川家康公を相殿とする由緒の正しい御社で、旧滝頭村地域の鎮守社として、氏子の崇敬特に篤い神社であります。
神社の象徴である社殿は明治5年の造営で、大正12年の関東大震災で倒壊したものを引き起こし復元したものであり、昭和51年に露出部分の改修工事を行いましたが、基礎部分からの耐震工事は行っておりません。
政府の地震調査委員会によると今後30年以内に震度6弱以上の地震に見舞われる確率は横浜市は81%と非常に高く早急の地震対策が望まれます。
この度、鋭意協議の結果、次の百年二百年を見据え、孫子の代まで残すに足る御本殿とする為、大規模改修工事に着工する運びとなりました。 
併せて平成30年は今上陛下御在位三十年、明治維新の鴻業成って百五十年の年となります。
この佳節を迎えるに当たり、八幡大神の鎮まり坐すに相応しい御本殿に改修造営いたします。
つきましては、工事中ご参拝の皆様方にはご迷惑をおかけしますが何卒御理解御容赦を賜りますようお願い申し上げます。

工期 平成30年1月~5月(予定)
工事中は参拝できますが、祈祷の申し込みは受けられませんので御了承願います。

※工期が大幅に延びております。申し訳ございません。


八幡橋の八幡様

八幡橋八幡神社(やはたばし はちまんじんじゃ)は、創建以来1500年余りに及ぶ歴史を刻む神社です。
国道16号線沿い、八幡橋そばに鎮座しています。境内の記念碑の丸い球が目印です。
祭神は誉田別命(応神天皇)をお祀りしています。

各種祈願(初宮・車のお祓い・厄除等)や出張祭典(地鎮祭等)を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

横濱開港神社巡り開催中

開港150年よりはるかに古くから横浜の地を見守ってきた臨海地区の9神社を巡る参拝コースです。

八幡橋八幡神社  磯子区原町
根岸八幡神社  磯子区西町
お三の宮日枝神社  南区山王町
金刀比羅大鷲神社 南区真金町
中村八幡宮 南区八幡町
諏訪神社  中区石川町
元町嚴島神社 中区元町
北方皇大神宮 中区西之谷町
本牧神社  中区本牧和田

御朱印・スタンプは社務所で押印致します。
専用朱印帳・スタンプラリー台紙も社務所でご用意しております。
朱印帳は無くなり次第終了となります。
受付時間 9:00~16:00

お問い合わせ
お寺の検索・口コミ
トップにもどる